POINT OF VIEW ポイントオブビュー

占い師

京妙

知能線の育て方

手の線は、その人の頭の中がそのまま表面化したようなものである。とくに思考が表れる線がある。それが知能線(頭脳線ともいう)である。
知能線は、線の起点、終点、長さ、曲線角度により鑑定する。
人さし指の付け根と親指の付け根の間から反対の側面に向かって伸びる線である。真横に延びる人は忍耐強。直線で下降する線の持ち主は、理性的。手首に向かってカーブを描きながら伸びる人はロマンチストまたは、精神世界に興味がある人。ふわっとしたものに興味ひかれ、だまされやすいのもこのカーブをもった人たちだ。
この知能線は、思考や知能を観るが、手相の中でもよりその人の行動力も判断できる線だ。
人さし指のつけ根と親指の間の側面あたりから親指付け根の膨らんだ金星丘を囲むように流れる線を生命線という。
知能線がしっかり生命線に接触している人のほうが大多数だ。生命線に遠い起点で始まる知能線の持ち主は考えるより行動する人が多い。
なぜにと思うが、リスクも顧みず行動してしまうのだ。わがまま、多動な人も生命線と知能線の起点が離れていることが多い。

小指側の側面から人さし指の下の丘に向かって伸びる線が感情線という。この感情線は、恋愛観や性格を鑑定する際に観る線だ。まれに感情線と知能線が一緒になっている人がいる。
一本につながっていると天下取りの線などという。社会への貢献にこだわりをもってコツコツと努力する経営者の手をみると橋が架かっているかのように線がつながっている人がいる。
最初は、知能線、感情線、生命線も離れ離れだったけれど最近つながってきたという。何かと頼られ、お世話させてもらう機会も増えのだ。努力の積み重ねが橋渡しになったと思われる。
線の形は、生まれ(両親からの遺伝子を含め)から人それぞれで、つねにその人の過去の行動の結果を表している。だから、思考を変え、行動を変えれば、よくない線も変化が起こってくる。

知能線の育て方は、自身の直観を信じてスナオに行動することだ。
では、直観はどう養うのかというと、雑念をなくし、自己に向き合うことを続けることだ。
言い訳や他人のせいにすることなく、現状をスナオに受け入れることを続けることだ。人によっては、朝早く起き瞑想や学びを深めることで加速する。手軽に苦難を克服し、爽やかな充実感を感じられるのが早起きだ。
話は、戻って「ふわっとしたものにひかれ、だまされやすい」カーブの線についてだが、心配されることはない。
意外なことに本人は不幸と思っていないという話を聞く。実は、そのカーブの先の月丘を通る線は、支援の線でもある。だれともなくサポートが入るようだ。結局は、だます人のほうが大きな痛手を負うことになる。振り子の法則というのか、全部自分に戻ってくるのだ。支援の線の持ち主は、純粋に真っすぐな人なのだ。 

ページトップへ
採用情報

現在はありません。

お問い合わせ

TEL:03-5937-5480
FAX:03-5937-5476
Mail: info@denkeishimbun.co.jp