RECENT ARTICLES 記事紹介

匿名加工情報の作成と提供

匿名加工情報の作成を支援するソフトウェアを開発

NTT

2017年9月18日(月) 3301号

NTTは、改正個人情報保護法の施行を契機としたパーソナルデータ利活用の市場活性化に向け、データの特性や利用目的に応じた有用な匿名加工情報の作成を支援するソフトウェアを開発した。
同ソフトウェアでは、個人情報保護法ガイドライン(匿名加工情報編)に規定されているすべての匿名化技法を含む、現在有用とされている既存の匿名化技法を網羅。さらに、ランダム化の匿名加工を可能にするNTT独自の匿名化技法(Pk―匿名化)を具備している。
データ保有者は、これらの多様な加工技法を組み合わせることで、自らの目的にあった匿名加工を実施しやすくなる。
要望に応じた匿名加工情報を作成するためには、データ加工後に意図する匿名化が施されているか、また望む有用性が確保されているかの評価を適切に行い、その結果に応じて再度加工を実施し、加工の度合いを調整する必要がある。
しかし、評価技法やその実装方法は数多く提案され学術レベルの議論が継続している段階であり、国や業界でも明確な指標が示されていない。とくに有用性を評価する評価技法はデータの特性や利用目的に応じて多岐に渡り、技法の選定自体にスキルを要する。
同ソフトウェアでは、匿名加工に有用と考えられる評価技法を選定し実装。データ保有者は、これらの厳選された評価技法を用いることで、加工データの匿名性や有用性を評価しやすくなる。
また、加工データを評価後、データの一部にさらに加工を施すといった、加工と評価の繰り返しを支援する機能を用いることで、データ保有者は加工と評価の試行錯誤をしやすくなる。

ページトップへ

POINT OF VIEW ポイントオブビュー

採用情報

現在はありません。

お問い合わせ

TEL:03-5937-5480
FAX:03-5937-5476
Mail: info@denkeishimbun.co.jp

facebook