RECENT ARTICLES 記事紹介

給食時間の様子

地産地消×ICTを展開

調布市ら

2021年11月22日(月) 3479号

調布市と同市教育委員会、NTT東日本、NTTアグリテクノロジーは、NTT東日本、NTTアグリテクノロジーが同市にあるNTT中央研修センタに設置したローカル5G実証ハウスで栽培したトマトを市内小学校の給食食材として提供する。生徒たちが新しい農業技術の取り組みをタブレット端末などで学ぶ食育の機会も提供する。
その一環として16日(火)、市内の若葉小学校の給食食材としてトマトを使った。
同市では、市内で栽培された食材を活用することで地産地消につなげたいとしている。同市は地産地消を進める「S&A(スクール&アカデミー)」を展開しており、各学校では近隣農家から提供されたキャベツ、ジャガイモ、ネギ、ニンジンなどの野菜を給食食材として活用している。
若葉小学校に提供されたトマトはミネストローネに使われた。それに加えて、6年生には小玉トマトも付いた。トマトは当日の朝収穫したものだ。
トマトは他校でも使用予定だという。
若葉小学校の生徒からは食後の感想として「すごく甘くておいしかった」「思っていたよりも大きかったけれど、濃厚でおいしかった」「つやがあってみずみずしかった」「農家をやる人が減っていると聞いているので、栽培に技術が生かされていてすごいと思った」などの声が聞かれた。
ページトップへ

POINT OF VIEW ポイントオブビュー

採用情報

現在はありません。

お問い合わせ

TEL:03-5937-5480
FAX:03-5937-5476
Mail: info@denkeishimbun.co.jp