RECENT ARTICLES 記事紹介

モジュール型ATM

一般車両に搭載できるATMの新商品「モジュール型ATM」

OKI

2017年6月26日(月) 3291号

OKIは、一般車両に搭載できるATMの新商品「モジュール型ATM」(写真)を10月に出荷する。
これまでATMの設置が困難だった場所でのATM取引を可能にしたものだ。
同商品の受注第1号機は、しまね信用金庫で、11月頃からa運用を開始する。
新商品は、OKIの紙幣還流型ATMに機動力を持たせた活用をはかるために開発したものだ。
従来のATMを3つのモジュール(基本部、通帳部、紙幣部)に分割し、無線対応を可能にしたことで、一般車両に搭載できる機動力を加えた商品を実現しており、場所を問わずATM取引(入出金/振込/通帳記帳・繰越/残高照会など)を利用できる。
金融機関は「モジュール型ATM」の採用で、金融機関の店舗に加えATMの空白地や高齢者向け住宅などへの巡回訪問が可能になり、顧客利便性の向上と顧客接点の強化を図ることができる。 利用者は、コンビニATMではできない通帳の記帳や繰越しなどのために金融機関の店舗に行く必要がなくなる。
金融機関向けに3年間で1000台の販売を目指すとしている。

ページトップへ

POINT OF VIEW ポイントオブビュー

採用情報

現在はありません。

お問い合わせ

TEL:03-5937-5480
FAX:03-5937-5476
Mail: info@denkeishimbun.co.jp

facebook