RECENT ARTICLES 記事紹介

ソフトクリームロボット

ロボットのたこ焼き屋

ハウステンボス

2018年7月23日(月) 3337号

コネクテッドロボティクス(東京都小金井市、沢登哲也社長)が開発したロボットによる、たこ焼き店「OctoChef(オクトシェフ)」がハウステンボス内アトラクションタウン チーズワーフの一角でオープンした。
この店舗では、 たこ焼きロボットのほかソフトクリームロボットも稼働する。
コネクテッドロボティクスは アーム型の協働ロボットの活用、AIによる画像認識を通じたディープラーニングなどを組み合わせることで通常3―4名で運営するたこ焼き店舗を1名で行えるよう省人化を実現。 ロボットが調理を担当することで店舗スタッフは熱い鉄板に向き合って調理を続ける必要がなくなり、 スタッフへの負担が大きく軽減される。
これまでの産業用ロボットでは安全性を確保するために安全柵が必要だったが、協働ロボットを活用することでスペース効率が高く、 同一空間内で人とロボットが一緒に作業することが可能になった。
ハウステンボスでは、効率性とエンタテイメント性を兼ね備えた、 未来の飲食店として訴求している。

ページトップへ

POINT OF VIEW ポイントオブビュー

採用情報

現在はありません。

お問い合わせ

TEL:03-5937-5480
FAX:03-5937-5476
Mail: info@denkeishimbun.co.jp

facebook